悪玉コレステロールを下げる

悪玉コレステロールを下げる!サプリ・食べ物はこれだ!

悪玉コレステロールを下げるサプリとは?

 

悪玉コレステロールが高くなる原因と対策

 

 

コレステロールは、食べたものの消化吸収の役割や、ホルモンの構成要素として私たちの身体に必要なものですが、多すぎても少なすぎても健康に悪影響を与えコントロールが難しいと言われています。

 

血中のコレステロール値が高くなっても、これといった自覚症状が表れにくいことから、気付かないうちに動脈硬化を引き起こすリスクもあるので注意が必要です。全体のおよそ7〜8割のコレステロールが体内合成され、そのうち肝臓で作られるのは6〜7割だと言われています。

 

残りの2〜3割は摂取した食品から合成されるので、高カロリーにならないように栄養バランスに気をつけて、毎日の食事管理はしっかりと行いましょう。肝機能が低下してしまうと、血中に大量のコレステロールが流されやすくなるので、普段の生活でできるだけ肝臓に負担をかけないようにすることが大切です。

 

その他にも、血中コレステロール値が高めになる原因には、肉類などの動物性脂肪や揚げ物などの油脂が多く含まれている食品の過剰摂取、運動不足、飲酒、ストレスなどが挙げられます。また、肥満になるとコレステロール値が高くなりやすいですが、中には、痩せ型の体型の方でもコレステロール値が高いことでお悩みの方もいるようです。

 

普段の食事で太ってしまうほど動物性脂肪や高カロリー食品を摂っていなくても、遺伝的な要因でコレステロール値が高くなりやすいことがあります。遺伝性のケースは家族性高脂血症と呼ばれ、コレステロールの分解能力に問題がある場合が多いため、このようなことが起こるようです。

 

よって、日ごろから血液検査や生活習慣の見直しや改善をしっかりと行って、自分の血液の状態を把握しておくことがとても大切です。飲酒や喫煙の習慣がある方は、お酒やタバコの量をチェックしたり、1日の歩数や睡眠時間などを1度見直してみるとよいでしょう。また、食事の味付けにも気をつけて、塩分や糖分の量が一日の必要摂取量を超えないように気をつけましょう。

 

サプリ以外に青汁もコレステロールを下げる!

 

健康のためや野菜不足などを補うために、毎日青汁を飲む習慣をつけている方もとても多いようです。青汁には、食物繊維とビタミン類などが豊富に含まれているので、血中のコレステロールを減らす作用があると言われています。青汁が苦手な方のためにコレステロールを下げるサプリもあります。

 

食物繊維は、悪玉コレステロールだけを減らす作用があるので、野菜嫌いな方や偏った食事を摂っているという方は青汁を飲むようにするとよいでしょう。また、青汁の強い抗酸化作用によって、血管の老化を防ぎ血管年齢を若く保つ効果に期待することができます。

 

血管が強くなることで、血流がよくなり代謝アップにつながります。血液中に悪玉コレステロールが増えてしまうと、血管壁に蓄積されて血液循環が滞りがちになります。

 

そして、徐々に血管がもろくなってしまうので、青汁を飲むことでこれを防ぐのに役立ちます。市販されている青汁の種類はとてもたくさんあり、どれを選んでいいのかわからないという方も少なくありません。毎日続けて飲む習慣をつけることで、コレステロールを減らすなどの健康効果を実感しやすくなるので、飲みやすいものを選ぶことがとても大切です。

 

最近では、青汁独特の青臭さや苦味が少なく飲みやすいものがたくさんあるようです。また、青汁の人気を受けて、ネット上にはたくさんの口コミサイトがあるので購入前に参考にするとよいでしょう。青汁を飲む習慣をつけても、運動不足や睡眠不足、カロリー過多の食事をしていてはあまり意味がありません。血中のコレステロール値が高い人のほとんどは、生活習慣に問題があることがほとんどだと言われています。

 

さらに、喫煙や飲酒の習慣がある方も要注意です。健康診断や血液検査で、血中コレステロール値が正常値を超えていることがわかったら、まずは毎日の生活を見直すことから始めましょう。

 

脂っこい食事や、栄養バランスが偏った食事をなるべくしないようにして、できるだけ身体を動かすようにするだけでも、身体の状態がだいぶ変わってくるはずです。

 

体系は遺伝する?太りやすい遺伝子とは

 

家族で体型が似るということは、よくあることです。子供の体は両親の遺伝子を半分ずつ受け継いで形作られます。ですので、顔や体つきが両親に似るというのは、あたりまえなことです。

 

では、体質に関してはどうなのでしょうか?実は、体質に関しても遺伝するというデーターがあります。肥満遺伝子というものが確認されており、両親が標準体重の子供は肥満になる確率は10%、片方の親が肥満の場合は50%、両親が肥満である場合は80%の確立で肥満になるといいます。つまり、「痩せやすい」「太りやすい」など、体質は遺伝するのです。⇒遺伝子検査 おすすめ

 

ただ、遺伝子だけが肥満を引き起こしているわけではありません。太っている人は太りやすい生活習慣や環境にいる場合も多いです。太りやすい人が太りやすい環境をつづけることで、肥満体型がつくられるのです。

 

なので、「親からの遺伝だから…」と諦めるのではなく、自分を取り巻く環境を見直し、太らないように心がけていれば、標準体型を維持することが出来るのです。自分の遺伝子を変えることは出来ませんが、環境や生活習慣は変えることが出来ます。親子で自分の体質を理解し、体型維持に努めていきましょう。

 

遺伝子で違う太り方
肥満に関わる遺伝子は約60種類あります。その中でも、特に体質に影響をもたらす遺伝子が3つあります。その遺伝子を元に肥満体質は「リンゴ型」「洋ナシ型」「バナナ型」という3つに区分されます。

 

リンゴ型」の人は、お腹周りが太くなりやすいです。脂肪が内臓脂肪として蓄えられやすく、基礎代謝量が少ないという特徴があります。炭水化物を好み、食べ物の誘惑に勝てないという傾向がみられます。炭水化物の摂取を控えたり、ゆっくり噛んで食べることを心がけましょう。

 

バナナ型」の人は、基礎代謝が高く、特に意識しなくても標準体型が維持出来ます。しかし、一度太ると痩せにくいという特徴も持ちます。ブニブニとしたセルライトのような脂肪がつきやすい人は、この型かもしれません。ストレスに弱く、イライラすると、あっさりとした食べ物や乳製品を好んで食べる傾向があります。

 

また、食事の時間にこだわらず、食べたい時に食べるという不規則な生活に陥りやすいです。ちゃんと朝食を摂るなど、規則正しい食習慣を心がけてください。また、乳製品の中でも、牛乳は控え、変わりにヨーグルトなど発酵食品を摂取するようにしましょう。

 

洋ナシ型」の人は下半身に脂肪がつきやすいタイプです。日本人の4人に一人がこの洋ナシ型だと言われています。脂質の代謝が苦手で、皮下脂肪をため込みやすいのが特徴です。皮下脂肪は燃焼しにくいので、深めのスクワットなど、下半身をよく動かしましょう。また、脂質の少ない食事も効果的です。

 

有名なダイエット方法を繰り返しても、効果がなかなか現れないという人は、一度自分の遺伝子タイプを確認してみてください。自分のタイプに合ったダイエットをすることで、家族揃ってダイエットに成功することができるかもしれません。

悪玉コレステロールを下げるコツ

悪玉(LDL)コレステロールは少しの努力を続けると改善することが出来ます。しかし、放置すると脳梗塞や心筋梗塞などにつながりかねません。

 

悪玉(LDL)コレステロールには、体の隅々にコレステロールを運ぶ役割がありますので、体がうまく機能するためには欠かせませんが、過剰な悪玉コレステロールが体内を流れると血管の内側に蓄積され、血管は柔軟性を失って動脈硬化を起こします。

 

動脈硬化で硬くなった部分が剥がれ落ちて、血管を詰まらせると心筋梗塞や脳梗塞の原因となります。
現代の食生活やライフスタイルでは、コレステロールが不足することはありません。くれぐれもコレステロールの摂り過ぎに気を付けましょう。

 

参考:http://xn--vck8crc5062byzl3hk7x6a.jp/

 

◎悪玉(LDL)コレステロールを改善する方法

 

1.飽和脂肪酸の摂取量を減らす

 

飽和脂肪酸は室温でも固体状の油であるバター・肉の脂・クリーム・ショートニングなどに特に多く含まれます。

 

 こってりした料理…ラーメン・チャーハンなど
 揚げ物…とんかつ・から揚げなど
 パン…メロンパン・クロワッサンなど
 お菓子…ケーキ・クッキーなどが好きな人は、悪玉コレステロールを増やす飽和脂肪酸の摂り過ぎが心配です。

 

脂身の多い肉の摂取量を減らし、脂身の少ない肉や魚、豆腐などの大豆製品を食事に摂り入れるようにしましょう。

 

2.水溶性食物繊維をたっぷり

 

水溶性食物繊維は悪玉コレステロールを改善する大きな効果があります。押し麦・オートミール・全粒粉・小豆・納豆・サツマイモ・リンゴ・オレンジなどに多く含まれています。これらの食品を毎日の食事に計画的に加えるようにし、また野菜の食べる量も全体的に増やすようにして食物繊維の量をアップさせましょう。

 

3.トランス脂肪酸を避けよう

 

トランス脂肪酸は、マーガリン・市販の焼き菓子・ファーストフードの揚げ物などに多く含まれています。トランス脂肪酸は悪玉コレステロールを増やすだけでなく、動脈硬化・心臓疾患・ガン・免疫機能・認知症・不妊アレルギー・アトピーなどへの悪影響が報告されています。

 

◎具体的な悪玉コレステロールの改善例

 

・肉より魚
・こってりよりさっぱり 
・朝食の菓子パンよりご飯と納豆を
・野菜をたっぷりと
・白パンより雑穀パンを
・パンにマーガリンよりハチミツ・ピーナツバターを
・お菓子の代わりにフルーツ(バナナ・リンゴなど)を
・白米に押し麦や雑穀米を混ぜる
・調理にはバターやサラダ油の代わりに、オリーブオイル・キャノラー油を
・ドレッシングは低カロリーのもを、またはオリーブオイル・キャノラー油を使ったものを選ぶ

 

など……。何か取り組めそうな物が見つかりましたか?一つの小さなことが、長期的には大きな変化をもたらします。悪玉コレステロールは知らないうちに万病の元になっていきますので、早めに対策を取っていきましょう。

 

更新履歴

copyright 2016 悪玉コレステロールを下げる!サプリ・食べ物はこれだ! All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。