悪玉コレステロールを下げる

悪玉コレステロールを下げる!サプリ・食べ物はこれだ!

悪玉コレステロールを下げるサプリとは?

 

悪玉コレステロールが高くなる原因と対策

 

 

コレステロールは、食べたものの消化吸収の役割や、ホルモンの構成要素として私たちの身体に必要なものですが、多すぎても少なすぎても健康に悪影響を与えコントロールが難しいと言われています。

 

血中のコレステロール値が高くなっても、これといった自覚症状が表れにくいことから、気付かないうちに動脈硬化を引き起こすリスクもあるので注意が必要です。全体のおよそ7〜8割のコレステロールが体内合成され、そのうち肝臓で作られるのは6〜7割だと言われています。

 

残りの2〜3割は摂取した食品から合成されるので、高カロリーにならないように栄養バランスに気をつけて、毎日の食事管理はしっかりと行いましょう。肝機能が低下してしまうと、血中に大量のコレステロールが流されやすくなるので、普段の生活でできるだけ肝臓に負担をかけないようにすることが大切です。

 

その他にも、血中コレステロール値が高めになる原因には、肉類などの動物性脂肪や揚げ物などの油脂が多く含まれている食品の過剰摂取、運動不足、飲酒、ストレスなどが挙げられます。また、肥満になるとコレステロール値が高くなりやすいですが、中には、痩せ型の体型の方でもコレステロール値が高いことでお悩みの方もいるようです。

 

普段の食事で太ってしまうほど動物性脂肪や高カロリー食品を摂っていなくても、遺伝的な要因でコレステロール値が高くなりやすいことがあります。遺伝性のケースは家族性高脂血症と呼ばれ、コレステロールの分解能力に問題がある場合が多いため、このようなことが起こるようです。

 

よって、日ごろから血液検査や生活習慣の見直しや改善をしっかりと行って、自分の血液の状態を把握しておくことがとても大切です。飲酒や喫煙の習慣がある方は、お酒やタバコの量をチェックしたり、1日の歩数や睡眠時間などを1度見直してみるとよいでしょう。また、食事の味付けにも気をつけて、塩分や糖分の量が一日の必要摂取量を超えないように気をつけましょう。

 

サプリ以外に青汁もコレステロールを下げる!

 

健康のためや野菜不足などを補うために、毎日青汁を飲む習慣をつけている方もとても多いようです。青汁には、食物繊維とビタミン類などが豊富に含まれているので、血中のコレステロールを減らす作用があると言われています。青汁が苦手な方のためにコレステロールを下げるサプリもあります。

 

食物繊維は、悪玉コレステロールだけを減らす作用があるので、野菜嫌いな方や偏った食事を摂っているという方は青汁を飲むようにするとよいでしょう。また、青汁の強い抗酸化作用によって、血管の老化を防ぎ血管年齢を若く保つ効果に期待することができます。

 

血管が強くなることで、血流がよくなり代謝アップにつながります。血液中に悪玉コレステロールが増えてしまうと、血管壁に蓄積されて血液循環が滞りがちになります。

 

そして、徐々に血管がもろくなってしまうので、青汁を飲むことでこれを防ぐのに役立ちます。市販されている青汁の種類はとてもたくさんあり、どれを選んでいいのかわからないという方も少なくありません。毎日続けて飲む習慣をつけることで、コレステロールを減らすなどの健康効果を実感しやすくなるので、飲みやすいものを選ぶことがとても大切です。

 

最近では、青汁独特の青臭さや苦味が少なく飲みやすいものがたくさんあるようです。また、青汁の人気を受けて、ネット上にはたくさんの口コミサイトがあるので購入前に参考にするとよいでしょう。青汁を飲む習慣をつけても、運動不足や睡眠不足、カロリー過多の食事をしていてはあまり意味がありません。血中のコレステロール値が高い人のほとんどは、生活習慣に問題があることがほとんどだと言われています。

 

さらに、喫煙や飲酒の習慣がある方も要注意です。健康診断や血液検査で、血中コレステロール値が正常値を超えていることがわかったら、まずは毎日の生活を見直すことから始めましょう。

 

脂っこい食事や、栄養バランスが偏った食事をなるべくしないようにして、できるだけ身体を動かすようにするだけでも、身体の状態がだいぶ変わってくるはずです。

更新履歴

copyright 2015 悪玉コレステロールを下げる!サプリ・食べ物はこれだ! All Rights Reserved.

※当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます。